【CIMモデル】設計図書の3次元化へ基準整備を

 国土交通省は、3次元データを使って社会資本の整備や管理を効率化・高度化するCIMを事業の上流段階から下流段階まで一貫して活用するため、本年度内に設計図書の3次元化に必要となるCIMモデルの表記標準案の策定と土木工事数量算出要領案の改定を行う。21日に開かれたCIM導入推進委員会の本年度第1回ガイドライン・要領基準改定WGで検討状況を報告した。
続きを読む
◇関連記事
【3次元データ利活用】測量・調査からCIM導入を〈2017/11/15〉
【CIM試行】本格導入見据え活用を加速〈2017/11/02〉
〈2017/11/22配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11