【ICT施工】未経験企業へ3次元設計データ提供も

 政府の未来投資会議の地域経済・インフラ会合が28日に開かれ、国土交通省が今後のさらなるi-Constructionの推進・浸透に向けて中小企業への支援策を検討する考えを示した。小規模土工などの実態を踏まえた積算基準の見直しや、ICT施工が未経験の企業に対する3次元設計データの提供などにより、中小企業の負担を減らすとともに、ICT施工を実施しやすい環境を構築する。各支援策は企業の実施状況を考慮しながら、順次展開していく。
続きを読む
◇関連記事
【新潟発】ICTで道路冠水を監視/新潟市が民間と新プロジェクト〈2017/11/24〉
【JADAが設立大会】ドローンと建築のマッチングを〈2017/11/20〉
【経済財政諮問会議】社会資本の質を高める取り組み強化〈2017/11/17〉
【新技術・新商品発表会】技術競争時代に備え人材育成/全国地域活性化支援機構〈2017/11/14〉
【全国地域活性化支援機構】人材育成、最先端技術に対応急務/第4回若手経営者懇談開催〈2017/11/01〉
〈2017/11/28配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11