【企業情報】スピーディ3D計測を実現/近くで検証、遠くを保証/安藤ハザマ・朝日航洋

 安藤ハザマと朝日航洋は、遠方にある構造物を対象とした3D計測の新しい精度管理技術を共同開発した。モービル・マッピング・システム(MMS)の走行位置から標定点や検証点を設けず3D計測が行えることで、適用可能となる工事内容の幅も広がるという。
 新技術では、道路縁石や構造物などの基準データをMMSにより計測。移動するレーザースキャナー装置からの距離に応じて、基準データと計測データの一致度合いを評価することにより、計測距離と精度との関係式を作成、計測精度に応じた有効計測距離を把握することができる。
 現地計測では、MMSの走行路面や測量が容易な場所に標定・検証点を配置し、計測距離と精度を確認・検証する。標定点などの設置が困難な遠方エリアは、有効計測距離以内のみを使用することで計測データの精度を保証。計測データは従来と同等の精度を確保していることを確認している。
 今後は道路構造物などの点検作業、立ち入りが困難な崩壊地の状況把握などへの活用も期待されている。
〈2019/03/07配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11