【高速道路】4400億円で全国16カ所の85qに付加車線

 国土交通省は8日、高速道路の暫定2車線区間の4車線化などを実施する候補箇所として、全国16カ所・約85qを選定した=添付のPDF資料を参照=。全体事業費には4400億円を見込む。4車線化の対象となるのは広島県の「広島呉道路」(坂北IC〜呉IC)で、延長が約12・2q、事業費は730億円となる。新潟県の「磐越自動車道」(三川IC〜安田IC、延長約5・1q、事業費200億円)や千葉県の「富津館山道路」(富津竹岡IC〜富津金谷IC、延長約3・4q、事業費300億円)など、その他の箇所は付加車線の設置を予定する。
 「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」の一環として2019年度から財政投融資を活用し、4車線化などを実施する。今回の候補箇所は、重要インフラの緊急点検結果を踏まえた土砂災害などの危険性が高い箇所のうち、特にネットワークが寸断する可能性が高い箇所が選ばれている。
 今後は有識者審議会で審議するなど必要な手続きを進める。また残る区間についても、防災上の観点や速度低下といった課題を踏まえ、今夏をめどに優先的に整備する区間をまとめ、順次整備を進める見通しだ。
 
〈2019/03/08配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11