【橋建協】18年度も国内受注量20万t超えに

 日本橋梁建設協会(橋建協、坂本眞会長)は8日、2018年度の会員企業における国内鋼道路橋受注量が昨年度と同様に、20万tを超える見通しを示した。19年度に関して坂本会長は「20万tは厳しい。ただ今後、大阪湾岸道路西伸部という明るい希望を持てる事業もあるので、安定・平準化した発注を要望していく」と状況を説明した。
 働き方改革に対しては「19年度から協会のロードマップの数値が上がる。その目標に合わせた活動を推進していく」と述べ、その理由として「この5年間で技術者が15%減った。担い手の確保につなげるよう、魅力ある産業へ変えていかなければならない」と説明。週休2日制については「技能工は特に長時間労働をしているわけではない。それ故に賃金の減少になるので待遇を変えなければならない。同時に夢のあるプロジェクトの実現を目指す」と語った。
 橋建協では本年度、@働き方改革の推進(鋼橋事業の成長力強化)A生産性と安全性の向上(鋼橋技術力の進化と継承)B発注・施工プロセスの改革(鋼橋工事の効率的、円滑な推進)C海外工事に参画するための課題―を重点活動テーマに取り組んでいる。
〈2019/03/11配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11