【民間開発】西新宿三丁目に日本最高層の分譲マンション

 東京都新宿区で計画される日本の分譲マンションにおいて最高層(235m)、最高階数(65階)、最大級規模(約3200戸)となる「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定した。2020年度の本組合設立認可、21年度の権利変換計画認可、22年度の着工、29年度の竣工を目指す。事業推進協力者は野村不動産、住友商事、東京建物、首都圏不燃建築公社、事業協力者として前田建設工業が参画している。事業推進コンサルは佐藤不動産鑑定コンサルティング、上野計画事務所、梓設計、環境管理センターが担当。
 老朽化した木造家屋の密集地解消を目指し、約4・8haを対象に分譲マンション、商業施設、業務施設、生活支援施設などの複合施設を建設する。また都市計画道路の拡幅や広場、防災備蓄倉庫、歩行者デッキなども整備する。
 施設の延べ床面積はA−1街区の北棟が約18万1000u(約235m)、南棟が約20万3100u(約235m)、A−2街区が約3700u、A−3街区が約1500u。場所は新宿区西新宿三丁目8〜19番。
 なおマンション戸数について、平成以降では現在、晴海五丁目西地区で計画される「HARUMI FLAG」の5632戸に次ぐ規模となる。
完成予想イメージ図
〈2019/03/19配信〉

この記事は「建設メール」のサンプルです。
「建設メール」の詳細・購読のお申し込み


日本工業経済新聞社 本社 〒113-0022 東京都文京区千駄木3-36-11