建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞


お急ぎの方はメールアドレスの入力で一度限りの最新サンプルを自動送信

《 配信記事サンプル 》 ※見出しをクリックするとサンプルを参照できます。

無料体験に申し込む

◇その他、こんな記事も掲載しました。 ※見出しのみ。是非無料体験のご登録を!
◆2020年2月配信
・【建設関連業3団体】技術者単価の引き上げ求める
・【円滑な施工確保】同一地域・同種工事で補正係数も
・【官庁営繕事業】小規模工事で配置技術者の実績緩和
・【国交省と総務省】自治体へ円滑な施工確保を要請
・【東建】五輪期間中の施工対策で220人集め説明会
・【公正入札調査会議】適正な入札・契約へ状況審議
・【建災防】労働災害防止規程の解説書発行
・【土地基本法等改正】土地政策再構築と地籍調査迅速化を
・【道路法改正】バスタプロジェクトを全国展開へ
・【中建審】工期に関する基準作成へ前提条件を整理
・【ラオスのダム事業】日本の技術力に誇り/足立敏之議員が現地視察
・【関東整備局】災害復旧推進へ初のフレームワークモデルを試行
・【建災防】「外国人労働者教育」テーマに建設業トップセミナー
・【20年度予算案】千葉県の投資的経費は2・3%増で1738億円
・【BIM/CIM】20年度は大規模構造物予備設計でも適用
・【特定技能外国人】建設分野初の試験は3月にフィリピンで
・【能力評価基準】電気工事とコンクリート圧送の2職種認定
・【CCUS】1月末までの技能者登録数は18・2万人に
・【登録技術者資格】新たに32の民間資格追加
・【日建連】生産性向上図る12事例報告/新技術・新工法講習会
・【一級建築士試験】設計製図の再試験は2030人が合格
・【月間アーカイブ・1月】5年ぶりに品確法運用指針改正
・【業務の平準化】年度内に四半期ごとの履行期限目標提示へ
・【全建協連】16グループが1次審査通過/仮囲いデザインコンテスト
・【技術者育成】レーザ計測で質の高い講座開催/全国地域活性化支援機構
・【1月の景気動向】建設業は2カ月連続で悪化に
・【試験】2級土木施工管理検定は女性合格者数が過去最多
・【試験】20年から建築設備士の試験方法変更
・【積算基準】週休2日の補正係数見直し/受注者希望も4週8休前提
・【国土交通省就任インタビュー】建設流通政策審議官 中原淳氏「現場の声に耳を傾ける」
・【都市再生特措法改正】安全で魅力的なまちづくりに対応
・【標準歩掛】トンネルひび割れ補修工で新規制定
・【建設技能人材機構】新たに賛助会員13社の入会決まる
・【長野発】県が4月からCCUS活用で加点評価へ
・【20年度予算案】群馬県の投資的経費は23%減の974億円
・【提言】週休2日確保@(総論)/発注者に温度差あり/実施率の向上も不可欠
・【業務の発注方式】地方自治体でも技術力評価を促進
・【積算基準】ICT施工で2工種を新設
・【標準歩掛】電気通信で2工種制定、4工種を改定
・【建専連】技能者の処遇改善へ2月に欧州視察
・【20年度予算案】長野県の公共事業費は30%増の1769億円
・【東建】ICT活用セミナーで取り組み事例紹介
・【提言】週休2日確保A(埼玉県)/市町村への波及課題/見える化と理解が大事
・【CCUS】安全衛生資格者証の携行と将来連携も
・【統計調査】19年の建設工事受注高は85・6兆円に
・【1月の公共工事動向】請負金額は前年並みの1・2%増/東日本保証
・【鉄道関係調査団】民間活力導入で再生へ/米国視察調査を報告
・【20年度予算案】神奈川県の投資的経費は3・7%減の1602億円
・【20年度予算案】栃木県の投資的経費は15%増の1652億円
・【日本インシーク】立体画像を無料公開/14日から香芝市で
・【提言】週休2日確保B(茨城県)/若手入職促進へ必須/発注者の対応が不可欠
・【CCUS】登録基幹技能者は早期手続きを/3月中の申請勧める
・【オンライン電子納品】年内の運用開始へシステム構築
・【日建連】地下工作物取り扱いでガイドライン示す
・〈耳寄り〉一級建築士の合格率は過去10年間で最低
・【20年度予算案】新潟県の投資的経費は13%減の1836億円
・【20年度予算案】山梨県の投資的経費は30%増の882億円
・【設計労務単価】全職種平均が初の2万円超えに/8年連続上昇で2・5%増
・【設計労務単価】8年連続引き上げに建設業団体から感謝の声
・【技術者単価】20年度は前年度比3・1%増の4万260円
・【単価改定】電気通信技術者単価は5職種平均で2・4%増
・【港湾のICT活用】現場が求める技術実証へ
・【河川堤防】越水想定した強化方策を検討
・【1月の建設業倒産】3カ月連続増加に/東京商工リサーチ調べ
・【20年度予算案】埼玉県の投資的経費は7・2%増の1691億円
・【提言】週休2日確保C(群馬県)/工程設定簡素化を/目立つ企業の自助努力
・【新労務単価】技能者に適切な賃金支払いを
・【全建】新ポスターで浸透図る/ツキイチプラス運動
・【建築BIM】3月に標準ガイドライン策定へ
・【日建協】11月の指数は横ばい/4週8閉所ステップアップ運動
・【建設業の経営分析】18年度の自己資本比率は過去最高に
・【全管連】事務局研修会で改正水道法を学ぶ
・【適正な工期設定】直轄工事で年度内に指針作成へ
・【社会保険・処遇改善】労働者単位での未加入確認を強化
・【コンサルティング連盟】佐藤・足立両議員が講演/19期総会を開催
・【魅力ある建設現場】官民の推進母体で施策展開を
・【特定技能外国人】建設分野では156社・363人を認定
・【都中建セミナー】若年者・女性技術職の採用定着学ぶ
・【提言】週休2日確保D(山梨県)/取り組む一歩が大切/4週8休達成で心境変化
・【建退共制度】CCUS活用の電子申請化で履行強化
・【品確法運用指針】新たな全国統一指標設定へ/地域独自指標も
・【林野庁】巴山組が農林水産大臣を受賞/治山・林道コンクール
・【感染症対策】建設業団体に感染拡大防止へ協力求める
・【ACCESS】仮設足場の事故防止徹底図る
・【民間開発】野村不動産が亀戸で複合開発プロジェクト
・【提言】週休2日確保E(新潟県)/統一閉所に一定効果/積雪降雪にも配慮必要
・【日建連】直轄工事の義務化を強調/山内会長がCCUSで
・【全中建】補正係数見直し等求む/国交省へ要望書提出
・【マンション長寿命化】2つのモデル事業創設し支援
・【日建連】新設の土木賞に58件/表彰応募状況を公表
・【建災防】災害統計資料と石綿作業テキストを販売
・【建設業許可】4月からは提出書類が大幅削減に
・【道路政策】20年後見据えた方向性提言/道路の景色が変わる
・【社会保険加入率】企業別で98%、労働者別は88%に上昇
・【全中建】発注者責任理解に温度差/実態調査結果を公表
・【感染症対策】直轄の現場で感染拡大防止を
・【管工事】施工管理技術検定の2級は女性合格者が過去最多
・【20年度予算案】茨城県の投資的経費は5・8%増の1598億円
・【2020年度予算案】関東甲信越の投資的経費は7県が前年比増に
・【法定福利費】3次下請け以下は受取割合低く
・【災害復旧の入札契約】指針改正で業務の発注にも対応
・【道路法改正】地方道も国が代行可能に/道路啓開・災害復旧で
・【1月の公共工事動向】請負金額は9・6%増/3建設業保証調べ
・【労研セミナー】安全や働き方改革を学ぶ
・【提言】週休2日確保F(長野県)/総合評価で優遇検討/経営者の背中押せるか
・【建設労働需給】1月は左官の不足率が最大に
・【全建協連】最優秀賞にピクニック/仮囲いデザインコンテスト
・【主要建設資材】価格動向は全て「横ばい」
・【クイックデッキ】太田頭首工でも活躍
・【建設業就業者】全体数は前年比4万人減の499万人
・【日建連】コロナウイルス対応で会員代表者に通知
・【建災防】仕事のコントロール等も要因/ヒヤリハット実態調査
・【ICT施工】産学官連携で新たな基準類整備
・【河川監視】簡易型カメラ画像の提供始まる
・【セメント需給1月実績】販売は4カ月連続減に
・【国土地理院】災害対策関係功労者3社1団体へ感謝状
・【提言】週休2日確保G(総括)/足並みそろえ対応図れ/まずは4週6休実現も
・【日建連1月受注調査】21・8%減の9350億円
・【技能者能力評価】レベル判定手数料は3000円で合意
・【感染症対策】受注者の意向尊重し一時中止も/直轄の工事と業務
・【感染症対策】監理技術者講習は延期か自宅学習で
・【感染症対策】建築士定期講習の実施は控えて
・【民間開発】神田駿河台に日本初木造ハイブリッド高層マンション



  1. 下の入力フォームのすべての項目にご記入頂き送信して下さい。

  2. ご記入いただいたメールアドレス宛に申し込み確認メールを自動送信いたします。メールが届かない場合は、メールアドレスをもう一度ご確認ください。

  3. 弊社にて準備ができ次第、「建設メール」を無料配信いたします。
    お試し配信は2週間ほどで自動的に停止します。

    正規購読としてお申し込みの際は、別途「入会申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入いただき、FAX.03-3824-7955宛にお申し込みください。



「建設メール」無料お試し申し込みフォーム
必要事項をご入力の上、ページ下の「申し込み確認ページへ」をクリックして下さい。
FAXでお申し込みの場合は「こちら」の用紙を印刷してお送りください。

会社名・団体名


(例:株式会社日本工業経済新聞社)
フリガナ


(例:ニホンコウギョウケイザイシンブンシャ) ※全角カタカナで入力して下さい。
郵便番号 (例:113-0022)
住所

(都道府県名を選択して下さい)
電話番号 (例:03-3822-9211)
FAX番号
ご担当者  (例:日工経 太郎)
部署名  (例:営業部)
お役職  (例:部長)
メールアドレス


 ※このアドレスに「建設メール」をお送り致します。間違いの無いようにご記入ください。

その他、特記事項があればご記入ください。

 

ホーム 会社概要 サイトマップ Copyright c Nihon Kougyou KeizaiShinbun Inc. All Rights Reserved.