建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ホーム » 日本工業経済新聞社 週刊メールマガジン

日本工業経済新聞社 週刊メールマガジン
 入札制度の改正や建設業界の今後の動向など、建設から経済に関する情報まで経営のヒントに繋がるニュースを毎週メールで配信しています。
編集後記では取材中のちょっとした裏話が出てくることもあるかも?

週刊メールマガジンのご購読は無料です。次のリンク先から必要事項を入力の上、送信ボタンをクリックしてお申し込みください。

発行日をクリックするとバックナンバーを参照できます。
※1週間前までのバックナンバーを掲載しています。
2020年
1月6日発行
1月14日発行1月20日発行1月27日発行2月3日発行
2月10日発行2月17日発行2月25日発行3月2日発行3月9日発行
3月16日発行3月23日発行3月30日発行4月6日発行4月13日発行
4月20日発行4月27日発行5月11日発行5月18日発行

●週刊メールマガジン バックナンバー 2020年01月20日発行分
━━━━━━━━━■◇■ 週刊・建設ニュース ■◇■━━━━━━━━━
                       2020/1/20 No.841
                          (毎週月曜日発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日本工業経済新聞社 メールマガジン
                     https://www.nikoukei.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ▼▽▼ 『業界注目ニュース』 ▼▽▼       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔中央の関係〕

◆【i-Construction大賞】25団体に赤羽大臣が表彰状を授与
 国土交通省は14日、建設現場の生産性向上につながる優れた取り組みを表彰
する2019年度の「i-Construction大賞」授与式を開催した。
国土交通大臣賞4団体、優秀賞21団体の計25団体に対し、赤羽一嘉大臣から表
彰状等が贈られた。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00400993

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ★☆★ ご存知ですか『建設メール』 ★☆★     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇業界のこぼれ話やニュースをコンパクトな記事にして毎日メール配信。

◇スマートフォンやPCでサッと確認できます。

◇先週の「建設メール」で配信された注目の記事は次の3本です。

◆【図画コンクール】国土交通大臣賞の小学生6人へ表彰状
https://www.nikoukei.com/nkmail/?id=NS202001141734581AU3286JE587QZFJ05

◆【防災まちづくり】災害に強い東京形成へ国と都が連携図る
https://www.nikoukei.com/nkmail/?id=NS20200116172913BQ4BDLH58G6A72B602

◆【女性定着促進】新行動計画を赤羽国交相へ手交
https://www.nikoukei.com/nkmail/?id=NS20200116172913BQ4BDLH58G6A72B601

☆『建設メール』を読んでみませんか?無料お試し体験、入会の申し込みは
  Webページにアクセス。
http://www.nikoukei.com/nkmail/order/?ref=m10722

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ▼▽▼ 『地方発ニュース』 ▼▽▼       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔埼玉〕
◆<さいたま市>大宮西口第四地区の地区計画で容積緩和案打ち出す
 さいたま市は大宮駅西口第四地区について、地区計画の変更内容(案)を明
らかにした。同地区のA~C地区のうち、A地区の計画に例外を認める文言を
加える。追記によって、地区計画による容積率の制限(500%)を超えるこ
とが可能となり、宿泊施設・オフィスなどの整備が容易となる。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401193

〔茨城〕
◆<茨城県>久慈川・那珂川圏域河川整備計画見直し必要/県検討委員会
 県の河川整備計画検討委員会(委員長・武若聡筑波大学教授)が15日に県庁
で開かれ、昨年の台風19号による出水で堤防決壊などの被害を受けた那珂川圏
域と久慈川圏域の県が管理する河川の整備計画を点検。台風被害を踏まえ両河
川整備計画とも見直す必要があることを確認した。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401160

〔群馬〕
◆<沼田市>サラダパークぬまたなどサウンディング型市場調査結果明らかに
 沼田市は玉原野外活動施設およびサラダパークぬまた等の利活用に関するサ
ウンディング型市場調査の結果を明らかにした。1事業者からオートキャンプ
場を核とした複合施設や玉原高原およびサラダパークを一体としたアドベンチ
ャー施設としての活用方法が提案された。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401153

〔山梨〕
◆<甲州市>塩山駅-於曽公園間のアクセス路は早期事業化目指す
 甲州市はJR塩山駅から於曽公園(塩山下於曽地内)付近までを結ぶ都市計
画道路の整備を計画している。市が掲げる駅周辺の歴史的資産を活用した、に
ぎわいづくりに向け、アクセスルートとなる道路を整備。現在進めている駅前
再整備が完了する2022年度以降、早期事業化を目指す。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401223

〔新潟〕
◆<業界団体>ゼロ災向け決意新た/県建産連が新年の工始祭
 新潟県建設産業団体連合会(植木義明会長)は14日、新潟市内の白山神社で
工始祭を執り行った。工始祭は、年頭に作業の安全と建物の永遠の繁栄を祈願
する恒例行事の一つ。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401111

〔長野〕
◆<長野市>千広建設、新日本設計らのグループ選定/山の駅飯綱高原整備
 長野市は公募型プロポーザル方式を採用した「(仮称)山の駅飯綱高原等整
備運営事業」について、交渉権者に千広建設、新日本設計、eternal 
story(エターナル ストーリー)の3者で構成するeternalグルー
プを選定した。近く設計業務について契約を締結する。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401114

〔千葉〕  提供:日刊建設タイムズ
◆<千葉県>建設改良費に864億円/流域下水道で経営戦略案
 県県土整備部都市局下水道課は「千葉県流域下水道事業経営戦略案」をまと
めた。2020~29年度の10か年を計画期間とし、建設改良費864億110
0万円(消費税込み)を投入する。投資計画では、未普及事業、地震対策、長
寿命化について優先順位を設定し整備を進めることで、投資額を平準化する。
https://www.nikoukei.co.jp/kijidetail/00401118

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ▼▽▼ コラム『日々の栞』 ▼▽▼       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎解体するのは建物だけか

▼都内最古の木造駅舎と言われるJR原宿駅が、東京五輪後に解体される。大
正時代から続く、歴史ある建物だけに保存を望む声が各方面から挙がっている。
「安全面を考慮した」などさまざまな話を耳にするが、歴史的な財産がまた一
つ消えていくことは残念でならない
▼葛西臨海水族園に建て替え計画が浮上していることをご存じだろうか。谷口
吉生(よしお)が設計した同園は、現在までに累計5500万人以上が来園。
水族館ブームの先駆的役割を果たした日本屈指の名建築と言って過言ではない。
しかし、東京都は老朽化を理由に建て替え計画を進めている。解体するのは果
たして「建物」だけなのか
▼直近では国立競技場や築地市場といった近代を語る上で欠かせない建築物が
次々と建て替えられた。建物には人々の思い出とにぎわい、先人たちの知恵・
熱意などが数多く積み重なっていた。それらはお金には換算できない財産だ。
老朽化したからといって、安易な建て替えは控えるべきだ
▼技術が目覚ましく進歩する現代で、なぜ建物の長寿命化を図れないのか。建
て替えればお金が動き、経済が活発化する。しかし同時に多くの人の共有財産
を奪うことにもなる。目先の利益だけを追うと、街が死んでいく。持続的繁栄
を遂げるには、中長期的な視点に立ち、多くの人によるにぎわいを生む必要が
ある
▼奈良県の法隆寺を「古いから建て替えよう」と言う人はいない。どんな建物
も手入れしながら時を経れば価値が高まる。その価値が地域を観光地にし、多
くのにぎわいをもたらす。現代建築の価値を高めることが現代人の使命だ。決
して解体ではない。(埼玉・YM)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ■※※ ご 案 内 ※※■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★=注目

★関東地整の有資格業者名簿データ(平成31・32年度対応)1月1日版提供中。
建設工事7,828社、コンサル業務3,198社を収録。次のページからサンプルをご確認ください。
http://www.nikoukei.com/kantoumeibo/?ref=m10722

☆最新の入札情報は「入札ネット+α」におまかせ。新規開拓に繋げられる分析資料もお手のもの。
最新の情報をエクセル形式で自動メール配信。20年以上のデータ量を無料IDでご体験いただけます。
https://www.nikoukei.co.jp/PurchaseItems/PurchaseNyusatunetAlpha.html?ref=m10722

☆「建設メール」でしか読めない業界ネタを記者視点の見解も交えてメール配信。
メールアドレスを入力して最新の建設メールサンプルをお取り寄せ下さい!
http://www.nikoukei.com/nkmail/koudoku/?ref=m10722

☆「月刊・業務委託ランキング」のPDFを無料メールを配信。詳細・お申し込み方法は下記まで。
設計委託関係の企業別受注ランキングを都県別にPFD資料としてまとめ、メールでお届けします。
http://www.nikoukei.com/netrank/?ref=m10722

☆日工経公式Twitterアカウント(@nikoukei)をご活用ください。
建設関連ニュースを随時投稿。各県のTwitterアカウントを県別にリスト化しています。
https://twitter.com/nikoukei

☆経審結果検索CD-ROM「経審Navi」発売!専用ソフトで検索も簡単。商品紹介ページでご確認ください。
経営事項審査を受審した企業情報を県別にCD-ROMにまとめました。検索機能やCSVデータ出力可!
http://www.nikoukei.com/knavi/?ref=m10722

☆日本工業経済新聞社のホームページでは最新の入札情報を無料公開しています。
1億円以上の入札結果、最新入札公告を無料公開!
https://www.nikoukei.co.jp/bid_result/?ref=m10722

☆建設行政、工事計画、発注時期、落札金額、予定価格などを報道しています。
『建設新聞』のご案内とお申込は・・・
https://www.nikoukei.co.jp/PurchaseItems/PurchaseNewspaper.html?ref=m10722

☆広告掲載してみませんか。建設専門紙のネットワークを活かして全国に広告を発進できます。
北海道から沖縄まで建設専門紙32紙で構成した建設業界読者74万人をターゲットに格安価格で掲載できます。
http://www.nikoukei.com/senmonshi/?ref=m10722

☆特集号の紙面を「企画特集紙面」(特集紙面アーカイブス)ページに掲載。
これまでの主な特集紙面をPDFファイルとしてダウンロードできます。
https://www.nikoukei.co.jp/kikaku.html?ref=m10722

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ◇◆◇ 『編集後記』 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 阪神・淡路大震災の発生から17日で25年が経過しました。震災を教訓として
建物や構造物の耐震化が大幅に進んだことは周知のとおりです。近年は豪雨や
台風に伴う大規模な被害が相次いでいますが、あらためて地震災害に備える事
前防災の必要性を国民全体で考える必要がありそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※本メールは、週刊メルマガ購読のご登録をいただいた方、名刺交換をさせて
 頂いた方にお送りしています。配信停止をご希望の方は大変恐縮ですが下記
 アドレス宛に「メルマガ停止希望」とご返信ください。
 メール停止は info-m@ns.nikoukei.co.jp へ。

<ご意見・ご要望>
 当メルマガ編集部では、皆さまからのご意見・ご要望をお待ちしております。
 頂いたご意見はできるだけ編集に活かしていきたいと思っておりますので、
 info-m@ns.nikoukei.co.jp までメールをお送りください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<発行>
㈱日本工業経済新聞社 メルマガ編集部
東京都文京区千駄木3-36-11 TEL 03-3822-9211 FAX 03-3824-7955
URL http://www.nikoukei.co.jp

メール停止は info-m@ns.nikoukei.co.jp
本メールに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます
メールが連続3回送信不能となった場合は登録を解除いたします。





発行日をクリックするとバックナンバーを参照できます。
※1週間前までのバックナンバーを掲載しています。
2020年
1月6日発行
1月14日発行1月20日発行1月27日発行2月3日発行
2月10日発行2月17日発行2月25日発行3月2日発行3月9日発行
3月16日発行3月23日発行3月30日発行4月6日発行4月13日発行
4月20日発行4月27日発行5月11日発行5月18日発行

ホーム 会社概要 サイトマップ Copyright c Nihon Kougyou KeizaiShinbun Inc. All Rights Reserved.